辛くなる前に花粉症対策!

アレグラは眠くなりづらい花粉症の治療薬

ドラッグストア

アレグラと言うと、花粉の季節にはドラッグストアで見かけない日はないぐらい、一般社会に馴染みのある花粉症の治療薬です。
そのアレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を成分としており、アレルギーの原因になる物質であるヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミン薬です。

実際にどのような働きをしているかと言うと、アレルギーの原因になっている物質からの刺激によって放出されたヒスタミンが、アレルギー症状を引き起こすヒスタミン受容体に変化した時に、フェキソフェナジン塩酸塩がその動きをブロックしアレルギー症状の発症を防ぐのです。

アレグラはこのような働きをするフェキソフェナジン塩酸塩から作られています。
花粉やハウスダストなどを原因とする鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状を緩和する治療薬として高い効果を発揮できるのです。
多数存在する抗ヒスタミン薬の中で、フェキソフェナジン塩酸塩は第二世代抗ヒスタミン薬に分類されます。
先発して販売された第一世代抗ヒスタミン薬に比べて眠気や集中力低下などの副作用が軽いとされています。

第一世代の薬は脂溶性が高いため脳に入りこむことができ、中枢神経の視床下部に働きかけることによって眠気を引き起こしていましたが、フェキソフェナジン塩酸塩は脂溶性が低く、脳内に入りにくいという特徴を持っています。
その為脳への影響が少なく、眠気や集中力、判断力、作業能率の低下を引き起こしにくいのです。
また第二世代抗ヒスタミン薬の中で比較してもアレグラは眠気などが起こりにくい方です。
薬の添付文書にも車の運転など危険を伴う機械の操作を控える旨の注意書きがありません。

それゆえアレグラは、数ある花粉症の治療薬の中において、眠くなりづらい薬と言えるでしょう。
但し、国内臨床試験の結果を見ると少数ながらも眠気を感じた事例があるので、体質や体調に合っていない場合はそのような副作用が出る可能性があることを知っておかなければなりません。
また対処療法ですので、アレルギーの体質そのものを改善することはできません。

アレグラは効き目が薄く感じる?

アレグラは、花粉症の薬の中で眠気の副作用が少ないというメリットを持ちますが、その分副作用の強い薬に比べると効き目が薄く感じることがあります。
また即効性のある薬ではなく使用開始から数日後に効き始めるタイプの薬なので、その効果を最大限に生かすには正しく服用することが大切です。
花粉症の症状は放置しておくと重症化し、薬が効きづらくなってしまいます。

その為、アレグラは花粉が盛んに飛び始める前に服用を開始し、飛散が治まるまで飲み続けることを推奨されています。
このように、早いタイミングで薬を飲み始めることを「初期療法」と言いますが、アレグラのように即効性のない薬にはよく用いられている方法です。

服用回数については、アレグラには処方薬と市販薬の両方がありますが、どちらも1日に2回飲まなければなりません。
これはアレグラの効果時間が10時間前後しかない為、1回だけ飲んで止めてしまうと効果が切れてしまうからです。
他の薬だと1日1回の服用でよいものもあるので、比べると少し手間ですが、アレグラには空腹時でも飲んでよいというメリットもあります。

しかも、空腹時に服用すると吸収率がアップしますので、効果があまり感じられないときは試してみるのも手です。
注意しなければならないのは、効き目が弱いとか効果時間が短いという理由で薬の量を増やしてはならないという事です。
薬の量を増やすと胃腸が荒れる原因になり、きつい副作用があらわれるなどのリスクが高くなってしまいます。

アレグラが自分に合っていないことも考えられますので、量を増やすのではなく医師や薬局に相談して薬を変えてみる方が安全と言えます。
アレグラは病院では勿論のこと、ドラッグストアやインターネットでも取扱いがあります。
病院へ行く時間がなくても手軽に入手することができますので、花粉症が重症化する前に用量用法を正しく守って使用しましょう。