辛くなる前に花粉症対策!

ザイザルで花粉症の症状を改善しよう

ザイザル

ザイザルは花粉症などのアレルギーを治療するため使用される医薬品です。
一般名はレボセチリジンという抗ヒスタミン薬で、商品名としてザイザルと呼ばれていてくしゃみや鼻水などのアレルギー症状に効果を発揮します。
身体が病原菌や本来は無害なはずの花粉などの異物が侵入し、これらの物質を排除しようと免疫が反応した結果放出されるヒスタミンは、ヒスタミン受容体と呼ばれている部分に結合し、いろいろなアレルギー症状が起こるという仕組みです。

このヒスタミン受容体を阻害するとヒスタミンの働きも抑制できるので、アレルギー症状を抑えることができます。
抗ヒスタミン薬はヒスタミの作用を阻害することによって、さまざまなアレルギー症状を抑制することができる薬です。
第1世代抗ヒスタミン薬は初期に開発されていて、眠気や口の渇きなどのいろいろな副作用が起こりやすい特徴があります。

その後、第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれているいろいろな副作用を改善した医薬品が開発されました。
ザイザル(レボセチリジン)は第2世代抗ヒスタミン薬で、ザイザルは眠気をかなり改善した薬として有名です。

セチリジンとほぼ同じ作用がありますが、ザイザルはセチリジンより眠くなりやすい作用を改善しています。
眠くなりにくい特徴がありますが眠気を催すこともあるので、自動車を運転する場合や危険を伴うような機械操作は避けた方が良いでしょう。

アルコールによって眠気や倦怠感などが更に強くなる可能性があり服用する場合は注意が必要です。
ザイザルは眠気を抑制することに成功しているので、使用方法に注意すれば事務作業などの仕事を行っている人にとっては服用しやすい医薬品で幅広い世代の人が利用しています。

インターネットにある個人輸入代行サイト通販を利用するとリーズナブルな価格で注文することができ、コストを抑えることが可能です。
キャンペーンやお得なセットを購入すると更に価格を抑えることができ、通販を効率良く利用することができます。

ザイザルは薬局で買える?

ザイザルに市販薬はなく、国内では2010年に医療用医薬品として販売されました。
ジェネリック医薬品や市販薬などは発売されておらず、使用方法として15歳以上の場合は1回1錠服用し、1日1回就寝前に服用すると良いでしょう。
年齢や症状によって適宜増減することができますが、1日における最高服用量は2錠です。
7歳以上15歳未満の子供の場合は1回1/2錠を1日2回服用し、朝食後や就寝前に服用しましょう。

ザイザルにはシロップタイプがあり、生後6か月以上の子供も利用することが可能です。
ザイザルは2010年に認可され、発売直後は処方日数に関して最大2週間という制限がありました。
2012年からこの制限がなくなり、現在ザイザルは長期処方することができ、1回でも病院に行けるならザイザルを2~3ヶ月分ぐらいまとめて処方してくれるでしょう。

費用的に市販薬を何度も買うより保険が適用されている処方薬の方がコストを下げることができるかもしれません。
何ヶ月分処方してもらえるかはクリニックによって異なりますが、通院できないなどの理由があれば長期処方してくれることがあります。
ある程度まとめてザイザルを処方してくれるので便利です。

他の花粉症対策の医薬品はドラッグストアでも気軽に購入することができますが、ザイザルの場合はクリニックや通販を利用すると便利です。
市販薬を利用しても花粉症が改善しない場合、一度病院を受診しザイザルを処方されたなら、次回からインターネットにある個人輸入代行サイトを利用するという方法があります。
医師の確認を得ることができたなら、次回からは安心して通販を利用することができ気軽に購入することができるでしょう。