辛くなる前に花粉症対策!

効き目がばっちり現れるジルテックで花粉症対策

ジルテック

有効成分セチリジン塩酸塩の働きで優れた抗ヒスタミン効果を発揮するジルテックは、花粉症によるクシャミや鼻水などのつらいアレルギー症状を緩和する薬です。
花粉などアレルゲンの刺激で体内のマスト細胞から放出されたヒスタミンは受容体と結合することで症状を起こすため、抗ヒスタミン薬はその結合をブロックして発症を抑えます。

ジルテックは従来の抗ヒスタミン薬で目立っていた眠気の副作用が少ないことに加え、服用後に効果があらわれるのが早く1日1回飲めば24時間効き目が持続する利点も持っています。
ジルテックと同じセチリジン塩酸塩が使われているジェネリック医薬品や市販薬も販売されています。
ジェネリック医薬品はネット通販で購入することができます。
もちろんジルテックを通販で買うことができるので興味がある方は調べてみましょう。

ジルテックが眠気や口の渇きなどの副作用が出にくい薬となっているのは、そういった症状が多かった第1世代抗ヒスタミン薬から改良を重ねてつくられた第2世代抗ヒスタミン薬として誕生したからです。
アレルギー症状を起こすヒスタミンは脳では覚醒や興奮をもたらしているため、脂溶性が高く脳に移行しやすい第1世代の有効成分は脳のヒスタミンも鎮静してしまうことで眠気が起こります。
第2世代は脂溶性を低くすることで脳への影響を抑え、アレルギーにかかわるヒスタミンの受容体との結合はしっかりブロックする薬となりました。

ジルテックは眠気の副作用低減のほか、抗コリン作用と呼ばれる唾液の分泌低下を招き胃腸の動きが悪くなる副作用も抑えた薬となっているため口の渇きなどが起こりにくくなっています。
かつて抗アレルギー薬のマイナスイメージになっていた「眠くなって口がカラカラになる」というデメリットがかなり解消されたことになります。

優れた抗ヒスタミン作用のほか、ジルテックはロイコトリエンやプロスタグランジンD2というアレルギー反応を起こす物質の分泌を抑制する効能も持っているため、症状を緩和する対策を強化していることになります。
さらに、好酸球と呼ばれる白血球の一種がアレルギー反応で炎症を起こした鼻粘膜などを刺激して症状がひどくなるのを防止することにも役立っており、副作用を抑えてメリットを増やした抗ヒスタミン薬と言えます。

アルコールとの併用に注意しよう

ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩は副作用を抑え抗ヒスタミン効果をはじめ花粉症などのアレルギー症状を速やかに緩和する薬として、症状に悩む多くの人に頼りにされています。
眠気や口の渇きといった従来の抗ヒスタミン薬に多かった副作用が生じにくい薬としても知られています。
副作用が全く起こらないということはないので、使用方法をよく確認して用法用量を守って服用することが大事です。
ジルテックの場合、第2世代抗ヒスタミン薬の中でも効果が高いとされつつも、眠気の副作用が比較的生じやすいとされているため、眠気を避けるための注意深い使用方法が重要になります。

薬は他の薬や食品、飲料との飲み合わせや食べ合わせに注意を払う必要があります。
ジルテックをはじめとする抗ヒスタミン薬はアルコールとの併用に特に気を付けるべきとされています。
大抵の薬がアルコールとの同時摂取を不可としていますが、抗ヒスタミン薬の場合は眠気の副作用が出やすくなり、しかも強い作用であらわれるため睡眠薬の服用後のような急激な眠気に襲われる心配があります。

薬もアルコールも肝臓で分解されますが、アルコールのほうを優先して分解しようとするため薬効成分は分解されないため副作用が起こります。
その上肝臓に負担がかかることから抗ヒスタミン薬とアルコールの併用を続けると肝機能障害に陥るリスクが上昇することも考えられ、就寝前だからと軽く考えて併用することは避けるべきです。

意外に落とし穴なのが市販の栄養ドリンクとの併用で、微量とはいうものの、アルコールが含まれたドリンクを抗ヒスタミン薬と併用してしまうと強い眠気に見舞われることになります。
抗ヒスタミン薬や風邪薬などで生じやすくなる眠気を避けようと、体力アップのため飲んだ栄養ドリンクにアルコールが含まれていたことで体調の異変を感じる人は意外に多くいます。
薬を服用中の人は栄養ドリンクの表示にもしっかり注意して併用を避けなくてはなりません。